flakloreのブログ

イラスト、ラノベ、アニメ、プログラミングについて書いてます

フラグ回収しました(´;ω;`)

Vtuberにはまりすぎてブログ更新約二か月さぼった人がいるらしいですよ!(^^)

 

 

はい。わたしです…

 

最近はVtuberさん方のライブに張り付きまくっているのでブログ更新する暇がないのです(笑)

本当にフラグ回収したなー…

 

小説や原稿制作、ゲームなどはやっていたりしますが詳しいことは今度ブログ書くときに書きますね。

(次回書くのいつになるんだろう…)

 

最近大好きなVtuberさんはにじさんじ様のバーチャルライバー渋谷はじめさんです。

コラボ放送も含め毎日のように見ております(^^*)

 

あとは、やっぱりIcotsuさんが大好きすぎます(笑)。

この間の凸待ち放送最高でした!新モデルも公開されて今後の活躍も期待しております。

 

と、こんなかんじですが実はライブや動画は夜に上がることが多いのでお昼に時間があるときはPS4版の「ブレイブルー」でコンボ練するのが趣味になっています(笑)

 

今回はこんな感じで一区切りさせていただきます。

次回あたりはブレイブルーの話やVtuberさんの話、小説の話ができたらいいなと思います。

 

では!\(^^)

いずれこうなることは予想できていたのかもしれない…

最近、一週間に一回ブログを更新できるように努力をしているflakloreさんです。

先に述べておきたいのですが、今回は何も話題が用意できなかったので雑談にしようと思います。

とはいえ全くないわけではないです。というより、私が用意できるコンテンツが何もないので雑談させていただきます<(_ _)>

まず近況の報告させていただきますと、モデリングの方は鋭意勉強中でございます。

人型のモデルはまだ作成段階すら入ってないです(苦笑)

まあ、こちらはマイペースにやっていこうと思います。

イラストの方なのですがこの間一枚仕上げました。しかし、それは仕事絵なので公開はできません。私は比較的筆が遅いほうなのでしかたないですね。

現在はVtuberの「つのはねあかぎ様」のファンアートを描いております。

完成したらブログのほうでご紹介できたらと思います。

プログラミング(Unity)のほうは3Dモデルが完成したら、またいじってみようと思います。頑張ります!

もちろん、原稿も進めていますよ(笑)

あと、先週ご紹介しましたライトノベルについてなのですが一冊は読み終わりました。

まあ…感想等ご紹介してないのはお察しください(苦笑)

 

さて近況報告も終わったことですし、本日のお話と行きましょうか

 

最近のVtuber&Vtuber視聴者の異常事態について

先日(本日?)の夜中のVtuber「もちひよこ」先生のTwitterのお話を読んだ方はお察しだと思いますが、昨今のVtuber事情はかなり複雑化していると思います。

(ちなみに、あなたTwitterやめたんじゃないの!?というコメントは受け付けておりません(笑)(笑えない))

私もそのお話を聞いていち早く頭に浮かんだのが実は「ねこますさん」だったりします。

近頃の新人Vtuberの一部が「つらい…けど視聴者の期待にこたえなくてはならない」と葛藤し混沌としている様子がみられるというお話でしたが、これはなにも新人だけではないと感じています。

先ほどねこますさんのお名前を挙げさせていただきましたが、ねこますさんはつい最近「四天王の座を譲りたい」とおっしゃっていたのを思い出します。

ただ、ねこますさんのお話はそこまで深刻なものではないと思いました。ねこますさんのあのお話は自分のあとにつづく人たちに四天王を任せてもよいほど成長したこのVtuberのコンテンツに感動してのものだと私は思うので、あまり心配はしていません。

実際本日の生放送も楽しそうでしたからね!私個人としてはねこますさんにはこれからもVtuber界隈の先導者としてあまり気負わずですがしっかりと引っ張っていただきたいと思います!

 

さて、本題ですがみなさんが心配されているのは新人Vtuberさんについてだと思います。

つい先日引退した新人Vtuberさんのツイートをみかけました…

視聴者の期待に応えきれないとのことで引退したそうですが、私個人としては「いずれこういう人が出てくるのは予想がついていました」と言いたいです。

じっさい、Vtuberに限らずどの界隈でもそうだと思いますが、特に思い当たったのがゲーム界隈でしょうか。せっかく起業しても内輪揉めしたり、思い通りのものができなかったりで挫折したりすることが多い業界だとよく聞きます。

これは、Vtuber界隈でも同じことでしょう。個人だとしてもうまく企画が組めなかったり、思い通りの自分を演じきれなくて挫折している方がいるのではないでしょうか…?

実際これは悲しい現実ですね…せっかく憧れていたVtuberになったのに実際やってみたら…

しかし、実際こういうことは多いですよね。いざ踏み出してみたら思っていたのと違うのは当たり前です。なにも、アニメや漫画の通りになるとは限りません。

今、Vtuberを始めようとしている方の中にもつらいと思っているかたもいるのではないでしょうか?もしくは、準備段階で挫折してしまった方も多いと思います。

では、そういう方がこれからどうするのか?

私は突き放すような言い方で悪いのですがこう言わせていただきます。

ここでちゃんと自分の頭で考えるべきです

わたしは、ちょくちょくプログラミングを人に教えているのですが考えなしに「ここどうすればいいですか?」と聞いてくる人が多すぎるように感じます。

プログラミングで重要なのは「こうしたい」「最終的にこうなるようにしたい」という目標を達成するためにそこまでのプロセスをどうするかを考えることです。

なので、いきなりどうすればいいではなく最終的な目標を達成するためにまずはどうするか、次にどうするかを自分の頭で考えるべきなのです。

もし、その過程で「こうしたいがうまくいかない」「エラーを吐かれるがどうすればいいかどうしてもわからない」そんなときに人に聞くのがよいと思います。

(本当はエラーも自分で解決できるようになるのがよいのですがね←なので私はエラーそのものの直し方ではなく、エラーが出た時の対処方を教えています)

話は長くなりましたが、これをVtuberでいうなら頭ごなしに「つらい」「もうかかわりたくない」と拒絶するのではなく、これからどうするかを考え直すべきです。

一視聴者に戻るのもいいですし、一切かかわらないようにするのも一つの手です。

やり直すのだってありです。なぜなら、このVtuberブームはまだ始まったばかりなのですから!

ここで、何も考えずにこの界隈から去ってしまってはせっかくの努力が台無しです。

人は失敗します。常に成功する人などいません。ですから、今一度考えなにがダメだったのか顧みるべきです。

それは次に生かせる大事な財産です。無駄なものではありません。やろうと思ったことが一番大事なことです。

このまま、Vtuber界隈が衰退するのは見てもいられないので、もちろん速さも大事ですがこれから始める方、新人の方は焦らずしっかりと考えたうえで努力していただきたいと思います。

 

あと、もうひとつ言いますと、視聴者の方にもVtuber追っかけ疲れたり、Vtuberの方が雲の上の存在になりすぎて離れていってしまったりしたかたがいるのではないでしょうか?

実を言いますと私も例外ではありません。

初期のころ私も「キズナアイさん」や「輝夜月さん」、「ミライアカリさん」、「シロさん」の動画みてました。しかし、いろんなVtuberを見るようになり手が負えなくなったり(じっさい現在眼精疲労で首が痛いです)、見る専だったのでライブ等のコメントのあまりの多さに吐き気がしてしまい現在四名の方のチャンネルは見られなくなってしまいました。

もともとの性格がそうなのもありますが、コメントやTwitter等でツイートしていればこんなことにはならなかったと後悔しているのも事実です。

では、どうすればいいのか?

そこで、重要なのが「自分で考え直す」ことではないでしょうか?

先ほどのVtuberの方々同様、なんで見なくなったのか考えてその後の行動をきちんと自分で考え直すことが重要だと私は思います。

私はきちんと反省した結果、今後自分のペースで動画視聴しようと思いますし、コメントもできればしていきたいと思います。

Vtuber界隈もまだ始まったばかりです。今からできることは山ほどあります。やり直しもききます!

それほどまでにもこの界隈は夢が広がっているのです。

皆さんも自分で何をすべきかよく考え、このVtuberブームという名のお祭りを盛り上げていきましょう!

 

最後に、今回述べたことは私の一意見なので鵜呑みにはしないでください。

もちろん反論も受け付けます。

ですが、私はこのVtuberという文化がさらに発展し成長していくことこそが望みであるので参考にしていただけると幸いです。

 

拙い文章ではございますが、これからもVtuberという文化がよりよく発展することを一人の視聴者として祈っています。

というわけで、まずはちゃんと寝たいと思います(笑)

では!(><)/

Vtuberにお熱なflakloreさんです!

突然なんのお話?と思った方もいるとは思いますが、まあはてなブログをご覧になっている方なら知らない方はすくないと思います。

最近私はVtuber(ヴァーチャルユーチューバー)の虜でございます(笑)

今、このブログを書いている最中もVtuberさんのライブを視聴しております(苦笑)

この数ヶ月で面白いほどに個性的なVtuberさんが増えましたね!

私はこのVtuber界隈とても好きですね。

理由としては純粋に動画が面白いのもあるかもしれませんが、やはり注目するべき点を挙げるなら技術力ではないでしょうか?

私がこの界隈に足を突っ込んだのはやはり「ねこますさん」の影響が強いと思っております。

もちろん、あの見た目から発せられるかわいらしい男性の声は癖になりますが、なによりもVRやARに対する熱い思いをお持ちで、TwitterのTLを覗くと様々な技術を発信している方たちをRTされているのを見ると、ひとりのクリエイターとして動かされる部分がありますね。

とはいえVtuberの魅力は素敵な3Dのモデルとそのモデルから発せられる個性的な声ではないでしょうか?

この辺は完全にオタクの領域かもしれませんが、わたしはやはり技術面から興味が出た面が強いので、そういう方たちのチャンネルを登録していることが多いですね。

ちなみに一番の推しは「つのはねあかぎさん」です!\(*^ ^)/

登録しているVtuberは個人的に二つに分かれると思います。

まず、技術面で登録しているVtuberさんたち。

  • つのはねあかぎさん
  • ねこますさん
  • リリーさん(バリトンエルフさん)
  • もちひよこさん
  • ニーツさん
  • はちゃちさん

次に、トークやエンターテインメント、声(フェチ)で登録しているVtuberさんたち。

  • さはなさん
  • あっくん大魔王さん(最近はモデリングとかもやっていらっしゃるので技術面でも興味がある)
  • あさひさん
  • icotsuさん
  • 渋谷ハジメさん
  • たかじんさん
  • 薬袋カルテさん

今のところ以上の方たちをチャンネル登録しています。

ほかにもTwitterとうではフォローしていたり、Vtuberさんどうしの絡みを覗いていたりはしています。

また、もし動画がもう少し増えたら登録しようと思っているVtuberさんもいたりして毎日夜遅くまでライブに張り付いています(笑)

トークとしては私は「icotsuさん」が大好きですね。見ていただければわかります通り、キャラがかなり不謹慎ですがそれを笑い飛ばすほどのトーク力があってあれほど笑った生放送は見たことないほどです。というか雑談大好きです(笑)

 

まあ、Vtuberさんたちはイラストが描け次第おひとりずつ語りたいぐらいです(^^)

なので、今回はこれくらいにして本日のお話行きたいと思います。

本当に今、Vtuberブームすごいので見てみてください(^^)/

 

本日の話

  • 新刊買ってきました!(ラノベ
  • Unityの勉強がひと段落しました!

 

新刊買ってきました!

最近遠出して本屋よったら新刊出てたので買いました!

f:id:koutan21jaeger:20180303000940j:plain

正直四巻は多すぎたかなあと思っているのですが、最近ほとんど外に出ていないので買えるときに買いこんじゃいますね。

今回も青春、ラブコメ、恋愛ものを狙って新刊購入していますが若干私に合わないものも出てきてきついですね。

まあ、上にでているものでブログに書かれていなかったら単純に忘れているか、まあ…お察しください。

ちなみに今回購入した作品は以下の物です。

いつもの通り読み終わり次第レビュー書きますね!

とはいえ、近頃はVtuberにお熱ですし、Unity、モデリング、同人誌とやること死ぬほどあるので読む暇あるかなあ…

 

カネは敗者のまわりもの (ファンタジア文庫)

カネは敗者のまわりもの (ファンタジア文庫)

 

 

 

廻る学園と、先輩と僕 Simple Life (ファミ通文庫)

廻る学園と、先輩と僕 Simple Life (ファミ通文庫)

 

 

 

裏方キャラの青木くんがラブコメを制すまで。 (角川スニーカー文庫)
 

 

(如月さんに関してはAmazonのほうで発見できませんでした)

 

Unityの勉強がひと段落しました!

前回からずっと紹介していますが

 

 ↑こちらが読み終わりましたのでいろいろ書かせていただこうと思います。

私はUnity入門者なので誰でも最初は突っかかる「そもそも何をすればいいんだ地獄」にはまっていました。そして、ここで本気だすなら自身の性格的に参考書が必要だと思い今回購入いたしました。

実際読んで見ると初心者が陥りやすい「プログラムを見ただけで吐き気がしちゃう病」をうまく回避するために、覚えるべき点ともう一度読み直すときにわかっていればよいものを述べていたので不安なく読み切ることができました。

初版だったのでやはりミスがかなり見受けられましたが、それでもC#をやり始めるにはとても勉強になったと思います。

今後はC#に詰まったときに参考にしようと思います。

現在だいぶUnityそのもの理解も進んだのでインターネット上に公開されている公式マニュアルも(個人的に)読みやすくなってきたので買った価値があったとは思いますね。

しかし、気を付けていただきたいのがこの本は入門編で珍しくインターネット、モバイル端末系は取り扱ってないので、もう一レベル高いのが欲しいところではあります。

とりあえず、公式マニュアルを読んで考えたいと思います。

その前に、モデリングやらないとまずいんですけどね(苦笑)

blenderもどうするかわからないんですよね…

Vtuberさんを見ていて何となく雰囲気はつかめたのですが、とっかかりが分からないのはやはりキツいですからね。努力したいと思います。

もし、モデルが完成いたしましたらゆっくりの方でUnityを用いた動画でも作れたらと思います。

では!(^ ^)/ (本当に顔文字のやり方忘れてるのきつい…)